ネタバレちゃんねる

ネタバレちゃんねる

ドラマ、映画のキャスティングや評判、視聴率、興行収入など情報いろいろ

櫻井翔、泣きっ面に蜂か。ドラマ低迷後の映画『ラプラスの魔女』の青江役も「若すぎる」の声

 

[スポンサーリンク]

 

 

概要

 

2018年公開予定の映画です。

 

原作は東野圭吾さんで、発売から1ヶ月の売上が累計28万部を突破した人気作で原作権は12社が競合したとか。

 

そんな人気作の主演を務めるのは嵐の櫻井翔さん。

 

…主人公は大学教授なんですけどね。

 

ちなみに一般的には准教授が30代、教授は40代かなと言われています。

 

 

あらすじ

 

“円華という若い女性のボディーガードを依頼された元警官の武尾は、行動を共にするにつれ彼女には不思議な《力》が備わっているのではと、疑いはじめる。

同じ頃、遠く離れた2つの温泉地で硫化水素による死亡事故が起きていた。検証に赴いた地球化学の研究者・青江は、双方の現場で謎の娘・円華を目撃する――。

 

 

キャスト

 

青江修介(あおえ しゅうすけ):櫻井翔
謎多き事件の調査を依頼された生真面目な泰鵬大学教授。専門は地球科学。

 

羽原円華(うはら まどか):広瀬すず
10才の時に母と帰省した北海道で竜巻に遭い母を亡くす。自然現象を予言する

 

甘粕謙人(あまかす けんと):福士蒼汰
失踪中。円華が行方を追っている

 

羽原全太朗(うはら ぜんたろう)
円華の父。開明大学病院の脳神経外科医師。脳神経細胞再生の第一人者。

 

甘粕才生(あまかす さいせい)
謙人の父。映画の鬼と言われた映画監督。事故で家族を失ってから映画制作から退いた。

 

ネットの評判・興行収入予想

 

[スポンサーリンク]

 

「またおまえか」「広瀬すずも福士蒼汰も出すぎじゃない?」「今どきの若者俳優にいきなりおっさんアイドル俳優が混じった感」「櫻井翔に福士蒼汰…演技成り立つか?」「櫻井くん、大学教授にしては若すぎる」といった声がありました。

 

確かに原作のイメージとは合わないような。

 

ジャニーズは東野圭吾さんの原作モノが続きますね。

 

2017年9月には山田涼介さん主演で『ナミヤ雑貨店の奇蹟』、2019年には木村拓哉さん主演で『マスカレード・ホテル』が発表されています。

 

なんといっても東野作品ですから、大きくハズレることはないという安心感もあるのかもしれません。

 

が、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』は初週の動員数は1位でしたが興行収入は2億1000万ほどでしたが、公開から1ヶ月ちょっとたった今も10億には到達していないようです。

 

過去の映画化作品を辿っても、福山雅治さん主演の『真夏の方程式』は33億を超えましたが、2015年の江口洋介さん主演『天空の蜂』は10.8億、2016年の阿部寛さん主演『疾風ロンド』は10億に満たず興行収入がはっきりしません。

 

大きくハズレることもなさそうですが、大当たりもビミョーなのか…

 

櫻井さんは2017年正月の『君に捧げるエンブレム』、10月期の『先に生まれただけの僕』ともに厳しい状態ですので、映画は成功したいところだと思いますが…どうなるでしょうか。

 

 

公式サイト、スタッフ等

 

公式サイト:http://www.laplace-movie.jp/
公式ツイッター:

 

監督:三池崇史
脚本:八津弘幸
制作プロダクション:東宝映画、OLM
配給:東宝

 

主題歌

 

 

原作

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ラプラスの魔女 [ 東野圭吾 ]
価格:1814円(税込、送料無料) (2017/10/30時点)

 

 

[スポンサーリンク]

 

木村拓哉の次の職業体験はボディーガード!『BG(ビージー)~身辺警護人~(仮)』

木村拓哉の次の職業体験はボディーガード!『BG(ビージー)~身辺警護人~(仮)』

 

[スポンサーリンク]

 

 

『BG(ビージー)~身辺警護人~(仮)』で木村拓哉がボディーガード役

 

 

2018年1月期の木曜日21時枠で放送予定のドラマです。

 

以前から噂があったように、木村拓哉さん主演で今度はボディーガード役を演じます。

 

しかしボディーガードというと、体格が良くがっしりしたイメージなのですが。

 

今は長澤まさみさんとの共演映画『マスカレード・ホテル』の撮影中で、刑事役を演じておりますが、ボディのサイズアップで役作り、なんて余裕はないですかね。

 

あらすじを見てちょっと思い出したのが、木村さんがアンドロイドを演じた『安堂ロイド』や、岡田准一さんの『SP』。

 

ちなみに、今度は中学生の息子と二人暮らしの設定だそうです。

 

※堤さんゴルゴっぽい[楽天市場]

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SP 革命篇 [ 岡田准一 ]
価格:3693円(税込、送料無料) (2017/10/20時点)

 

 

あらすじ

 

木村が演じる主人公・島崎章(しまざき・あきら)は、民間の警備会社のボディーガード。公的組織である警視庁のSP(セキュリティーポリス)とは異なり、あくまで民間人なので、当然のことながら拳銃や殺傷能力の高い武器を持たずに、命を左右する緊迫した状況にも丸腰で立ち向かわなければならず、正当防衛でないと反撃することも許されない。クライアントの依頼は絶対であり、どんな状況でも警護対象者を護らなければならない。そんな“究極のサービス業”を題材に、民間の警備会社で身辺警護課所属する男たちの熱く、泥臭い戦いの日々を鮮烈に、そしてリアルに描く。

 

 

キャスト

 

島崎章(しまざき あきら):木村拓哉

民間の警備会社に務めるボディーガード。過去のある事件をきっかけにボディーガードからは身を引いていたが、身辺警備課の新設をきっかけに、過去のキャリアを隠して復帰する。思春期の息子と二人暮らし

 

高梨雅也(たかなし まさや)斎藤工
身辺警護課所属。元自衛隊員で新人ボディーガードの中では卓越した能力を持っている。そのため、他のメンバーを見下しているところも。性格は、よく言えばまっすぐで情熱的、悪く言えば思いこみが激しく融通が利かない。

 

菅沼まゆ(すがぬま まゆ):菜々緒
かつては将来を有望視される柔道選手で、運動神経は抜群。ボディーガードの仕事は、お金のためと割り切っていて、危険手当の出る仕事に食いつく。

 

沢口正太郎(さわぐち せいたろう):間宮祥太朗
身辺警護課所属。就活戦線に失敗。どこからも内定を貰えず、渋々就職した先が警備会社だった。よくも悪くも今時の若者で、物事を深く考えずノリが軽い。

 

村田五郎:上川隆也
身辺警護課の課長。常に冷静

 

落合義明:江口洋介
警視庁SP。武器を持たない民間の警備会社が身辺警護に当たることを良く思っていない。

 

立原愛子:石田ゆり子
厚生労働大臣。警護対象者

 

 

ネットの評判・視聴率予想

 

[スポンサーリンク]

 

 

「小さいのに」「貧弱」「どうせ元公安エリートとかなんでしょ」「岡田の『SP』があるからハードル上がる」「キムタクがヒーローは飽きた」等々。

 

SMAPの解散騒動がある前から「何やってもキムタク」と拒絶の声が多かったですが、さらにそういう声が多いですね。

 

放送されるテレ朝木21のドラマは基本的に高評価で視聴率も二桁ですが、2015年から武井咲さんの『エイジハラスメント』、尾野真千子さん『はじめまして、愛しています』、三浦友和さん『就活家族』と、年に1つは一桁のドラマがあります。

 

そんなことにならなければよいですが。

 

 

公式サイト、スタッフ等

 

公式サイト:http://www.tv-asahi.co.jp/bg

公式ツイッター:

 

脚本:井上由美子(『GOOD LUCK』、『白い巨塔』等)

 

 

主題歌

 

 

原作

 

井上由美子さんのオリジナルです。

 

[スポンサーリンク]

『刑事ゆがみ』が視聴率以上に面白いという評判

『刑事ゆがみ』が視聴率以上に面白いという評判

『刑事ゆがみ』(木曜22時)は、主演の浅野忠信さんが鋭い洞察力を持つが型破りで、バディを務める神木隆之介さんが型にはまった正義感の塊のよう、というありがちなパターンで、視聴率も初回7.6%と低いですが、フジテレビが作っているドラマにしては珍しく面白いと評判です。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

刑事ゆがみ 1 -働く悪人ー (ビッグ コミックス) [ 井浦 秀夫 ]
価格:596円(税込、送料無料) (2017/10/19時点)

 

 

 

 

[以下引用]

データニュース社(東京)が行なっているテレビ視聴アンケート「テレビウォッチャー」(対象2400人)によると、「浅野忠信と神木隆之介の掛け合いが新鮮。これからどんどん息が合っていくことに期待」(36歳男性)、「珍しい俳優の組み合わせで面白かった。謎解きも楽しめる」(27歳女性)など、連ドラ主演は2作目、民放では初となった浅野と、2年ぶりの連ドラで初めての刑事役に挑んだ神木という新鮮な組み合わせが、“どこかで見たことのある刑事ドラマ”にさせなかった。

特に浅野演じる主人公には、「期待していなかったが面白い。浅野忠信、やはり凄い」(51歳男性)、「浅野忠信の演技は流石だなという印象」(39歳女性)といった声が上がっており、大げさでわかりやすさ重視の最近のドラマにはなかった深みを感じるキャラクターで、浅野の実力を再認識する視聴者も多かった。

[スポニチ]

 

 

7月期は『セシルのもくろみ』が放送され、ストーリーよりも主演の真木よう子さんのツイッターの方が話題になってしまい、視聴率は5.3%が最高、全話平均が4.5%で9話で終わったのは打ち切りだと言われていたことを思うと、7.6%、上等です。

 

本来演技が仕事の俳優がやっているドラマなのに、ヘタな人がいると気になってしまいますが、演技がうまいだとかヘタだとか気にならないくらい面白かったです。

 →刑事ゆがみキャスト等

 

次回の予告でアナウンサーが出てきた点はネットで不評ですけど、綾瀬はるかさんの『奥様は、取扱い注意』よりも面白いと概ね好評で、フジはイチオシにする作品を間違えたのではと言われるくらいです。

 

フジテレビは6月にドラマ畑を歩みしがらみたっぷりの亀山さんから岡山放送とBS育ちの宮内さんに交代しました。

 

社長が変わったくらいで何が変わるかと思いましたが、実際変わり始めているようです。

 稲垣吾郎、フジ放送のドラマ決定

 ジャニーズより視聴率を取り出したフジテレビ 

 

もしかしたら底辺を見たフジがこれから浮上してくるのかもしれません。

 

韓流ブームを捏造していたり、ドラマにいろいろ小細工をしていた過去は忘れていませんが。

 

[スポンサーリンク]

初回8.2%の『明日の約束』重すぎる…

初回8.2%の『明日の約束』重すぎる…

井上真央さんが久々に主演するドラマ『明日の約束』の第1話が放送され、平均視聴率が8.2%だったことがわかりました。

 

7月クールに同枠で放送されていた窪田正孝さん主演『僕たちがやりました』の初回7.9%を上回ってはいるものの、4月の小栗旬さん、西島秀俊さん主演『CRISIS』13.9%、1月の草なぎ剛さん主演『嘘の戦争』11.8%と比較すると低いものとなっています。

 

ストーリーは、2005年に起きた丸子実業高校での高校生男子自殺事件がモデルになっており、スクールカウンセラーである井上さん演じる藍沢が、その自殺事件を発端に様々な闇に巻き込まれていくという内容です。

 『明日の約束』元ネタネタバレ

 

 

 

[楽天市場]

 

 

生徒の自殺という事件だけでも重いのに、その上、出てくるのが毒親ばかり。藍沢自身が毒親に育てられた経歴を持つことを思うと、重たいですよね。

 

ただ、こういうことも現実だと思うとまた複雑で。

 

フジテレビの火曜21時枠は関テレが制作し、ちょっと毛色が違うものが多いです。

 

この独自路線が成功すれば、観る人を選び視聴率もビミョーかもしれませんが、もしかするとTBSの日曜劇場くらいドラマとして良枠だとなるかもしれません。

 

 

[スポンサーリンク]

 

 

 

速報!『ナミヤ雑貨店の奇蹟』が週末動員数1位!9月23日、24日のランキング

速報!『ナミヤ雑貨店の奇蹟』が週末動員数1位!9月23日、24日のランキング

9月23日に公開されたHey!Say!JUMPの山田涼介さん主演映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』が公開初週の動員数で1位を獲得しました。

 

 

9月23、24日の週末動員数ランキング

 

*1位:ナミヤ雑貨店の奇蹟
*2位:あさひなぐ
*3位:ダンケルク
*4位:三度目の殺人
*5位:エイリアンコヴェナント
*6位:関ヶ原
*7位:怪盗グルーのミニオン大脱走
*8位:ユリゴコロ
*9位:奥田民生になりたいボーイ
10位:スクランブル

[興行収入を見守りたい]

 

 

あくまで速報値ではありますが、順位はこれで合っていると思われます。

 

乃木坂46のメンバーが出演した『あさひなぐ』を上回り、山田涼介さん主演の『ナミヤ雑貨店の奇蹟』が1位を獲得しています。

 

興行収入はまだ発表されていませんが、1位となれば期待もされているでしょうね。

 

 

原作は東野圭吾。あらすじは。

 

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の原作は東野圭吾さん。

 

 

 

 

過去と現在がつながる不思議な雑貨店を舞台に、現実に背を向けて生きてきた青年と悩み相談を請け負う雑貨店主の時空を超えた交流を描いた心震わす物語。

 

2011年に小説野生時代に連載され、2012年に単行本として出版。中央公論文芸賞を受賞し、2013年、2016年、2017年に舞台化されています。

 

原作が東野圭吾さんのベストセラーで評価も高いので、注目度も高いのでしょう。

 

 

主演の山田涼介は割と瀬戸際

 

[スポンサーリンク]

 

山田涼介さんの所属するHey!Say!JUMPはこのところ夜遊びが凄いと評価を下げている一方で、デビュー10周年という節目を迎えながらも大ブレークには至っていない状況です。

 Hey!Say!JUMPに中二病発生中

 

グループを牽引するべき存在の山田さんも、昨年は東スポの匿名記事や月9で惨憺たる結果を出すなど苦しいところでした。

 少女妊娠騒動に振り回される山田涼介

 山田涼介『カインとアベル』大爆死

 

12月1日からは『鋼の錬金術師』の公開を控えていますが、正直人気漫画の実写版というのはマイナス評価からのスタートになります。

 

そう思うと、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』を機にきっちりと演技もできるし結果も出したという実績がほしいところなのではないでしょうか。

 

 

山田涼介、西田敏行など主要キャスト

 

敦也(あつや):山田涼介

三人の中でリーダー的存在。

 

翔太(しょうた):村上虹郎

敦也の幼馴染

 

幸平(こうへい):寛一郎

敦也の幼馴染

 

松岡克郎(まつおか かつろう):林遣都

ミュージシャンを目指しているが芽が出ず、夢を追い続けるか実家の魚屋を継ぐかで迷い「魚屋ミュージシャン」と言う名でナミヤ雑貨店に手紙を出す。

 

田村晴美(たむら はるみ):尾野真千子

昼は腰掛けOL・夜は水商売をしている。自立した生活を目指しており、穏健な形で会社を辞める方法がないかと「迷える子犬」と言う名でナミヤ雑貨店に手紙を出す。

 

浪矢雄治(なみや ゆうじ):西田敏行

ナミヤ雑貨店店主。妻が亡くなった事で元気を無くしていたが、冗談がキッカケで始まった悩み相談に答える事を生きがいにしている。

 

浪矢貴之(なみや たかゆき):萩原聖人

浪矢雄治の息子。店の運営を心配し、雄治に同居を提案する。

 

皆月顕子(みなづき あきこ):成海璃子

 

セリ:門脇麦(少女時代:鈴木梨央)

 

松岡健夫:小林薫

 

映子:山下リオ

 

刈谷:手塚とおる

 

皆月良和:PANTA(頭脳警察)

 

田村秀代:吉行和子

 

 

 

[スポンサーリンク]