タグ:ディーン・フジオカの記事一覧

ネタバレちゃんねる

ドラマ、映画のキャスティングや評判、視聴率、興行収入など情報いろいろ

タグ:ディーン・フジオカ

武井咲のゴリ押しはいつまで続く…ディーン・フジオカとのW主演ドラマ『今からあなたを脅迫します』

 

[スポンサーリンク]

 

 

ディーン・フジオカと武井咲がW主演

 

2017年10月クールに日テレ日曜10時半で放送予定のドラマ

 

ディーン・フジオカさんが初めて民放連ドラで主演すると話題です。

 

ふだんは一見爽やかなイケメンだけど微妙なファッションセンスで変なギャグを言うお調子者キャラだけど、警察や探偵では取り扱えない事件を人を脅迫することで解決する「脅迫屋」をディーン・フジオカさんが、間違って脅迫されたありえないくらいお人好しのお嬢様を武井咲さんが演じます。

 

 

あらすじ

 

ある日、「脅迫屋」を名乗る人物から恋人の命と引き換えに身代金を要求された金坂澪。しかしこれまで恋人なんていたことないのに…もしかして脅迫する相手を間違えてる?

 

というところから出会った二人が、振り込め詐欺や誘拐事件など様々な事件を解決していく。

 

 

キャスト

 

千川完二(せんかわ かんじ):ディーン・フジオカ
警察や探偵では取り扱えない事件を人を脅して解決する「脅迫屋」

 

金坂澪(かねさか みお):武井咲
変人級に善人なお人好しお嬢様。ふだんはバイトで質素に暮らしているが、実は数千万単位でお金を動かすこともできる超お金持ち。

 

栃乙女(とちおとめ):島崎遥香

ギャルだが天才ハッカー。

 

 

出過ぎも良くない…ネットの評判・視聴率予想

 

[スポンサーリンク]

 

「武井咲ずっとドラマに出てる」「ゴリ押しスゴい」「主演二人が大根って…」「ふたりとも顔だけ」「まさか主題歌はおディーン様?!(← ディーンさんの歌はヘタなのに…)」等々。

 

ストーリーよりも主演の二人に注目が集まっています。

 

確かに武井さんは4月『貴族探偵』7月『黒革の手帖』10月はこちらと、3クール連続メイン級でのドラマ出演となります。

 

これは、2012年のゴリ押しピーク時にあった4月『Wの悲劇』7月『息もできない夏』10月『東京全力少女』に次ぐ連続露出ですね。

 

人はゴリ押しを感じると引くこともあります。

 

武井さんは2012年に3クール連続でドラマに主演し得たのは低視聴率女優ということでした。

 

今年も、ヒロインとして出演した月9『貴族探偵』は全話平均8.8%ですし、7月の『黒革の手帖』は滑り出しは好調だったものの、3話で10.9%と一桁も目前となっています。

 

 

 

 

公式サイト、スタッフ等

 

公式サイト:ntv.co.jp/kyohaku/
公式ツイッター@kyohaku_ntv

 

 

脚本:渡部亮平
チーフプロデューサー:福士睦
プロデューサー:松本京子、難波利昭
演出:狩山俊輔、中島悟

 

主題歌はなんとおディーンさま

 

主演の一人であるディーン・フジオカさんが主題歌を書き下ろしたそうで、タイトルは「Let it snow!」。

 

紹介文をオリコンニュースからそのまま転載すると、「フューチャーベースのニュアンスとタイムレス感が絶妙なバランスで融合された楽曲。過去の記憶をたどるようなフックの歌詞やMIDIコントローラーで構築されたSAXフレーズなどが印象的な冬を彩るウィンターソングとなっている。」と。うーん?

 

歌唱力にはちょっと疑問が投げかけられているところでこれはなかなかの挑戦ですね。

 

「大ブレイクしたけど最も早く消えそうな俳優」という失礼なランキングで1位になっていましたが、さてさてどうでしょうか。

 

 

 

 

原作の藤石波矢は期待の新進気鋭作家

 

1988年栃木県生まれ。2009年大正大学文学部表現文化学科創作・表現コース卒業。
2014年に『初恋は坂道の先へ』が第一回ダ・ヴィンチ「本の物語」大賞の大賞を受賞して小説家デビューしています。

著書の『昨日の君は、僕だけ君だった』が昨年舞台化されるなど、注目されている小説家のよう。

 

今回ドラマ化される『今からあなたを脅迫します』は2017年8月よりコミック化もされます。

 

 

 

 

 

[スポンサーリンク]

池井戸潤原作『空飛ぶタイヤ』長瀬智也主演で映画化

池井戸潤原作『空飛ぶタイヤ』長瀬智也主演で映画化
[スポンサーリンク]

概要

 

2018年公開予定

 

『半沢直樹』『下町ロケット』『花咲舞が黙ってない』等の大ヒットドラマの原作者として有名になった池井戸潤さん原作『空飛ぶタイヤ』の映画化です。

 

中小運送会社のトラックが脱輪事故を起こし、原因を整備不良とされるも、自社の無実を証明すべく巨大企業の闇に挑むもの。

 

2002年の三菱自動車工業(三菱ふそうトラック・バス)製大型トラックの脱輪による死傷事故、三菱自動車によるリコール隠しなどを物語の下敷きとしています。

 

2009年に仲村トオルさん主演でWOWOWでドラマ化され、同年日本民間放送連盟賞において番組部門テレビドラマ番組最優秀賞、東京ドラマアウォード2009において連続ドラマ部門優秀賞、第26回ATP賞テレビグランプリ2009においてグランプリおよびドラマ部門最優秀賞を受賞と、高評価を得ています。

 

 

 

あらすじ

 

父親の後を継ぎ運送会社を経営する赤松徳郎は、ある日、自社のトラックがタイヤ脱落事故を起こし、死傷者を出してしまったことを知る。事故原因を一方的に整備不良とされ、「容疑者」と決め付けられた赤松は警察からの執拗な追及を受ける。さらには会社も信用を失い、倒産寸前の状態に追い込まれてしまう。

しかし赤松は、事故原因は整備不良ではなく、事故を起こした車両自体に欠陥があったのではないかと考える。自社の無実を信じる赤松は家族や社員たちのために、トラックの販売元である巨大企業の自動車会社に潜む闇に戦いを挑む。

 

 

キャスト

 

赤松徳郎(あかまつ とくろう):長瀬智也

赤松運送の二代目社長。短気だが人の良い性格。自社のトラックがタイヤ脱落事故を起こして死傷者を出す事態となり、整備不良の汚名を着せられる。尾崎西小学校PTA会長。

 

沢田悠太(さわだ ゆうた) :ディーン・フジオカ

ホープ自動車 販売部カスタマー戦略課長。赤松からの再三の再調査要求を疎ましく思いながらも、自らも調査内容を疑問に思い調べていく内に、会社がひた隠すリコール隠蔽「T会議」の存在を知る。

 

井崎一亮(いざき かずあき):高橋一生

東京ホープ銀行 本店営業本部。週刊潮流記者の榎本崇とは大学時代の友人。ホープ自動車の経営計画に疑問を感じ、自らも調査を開始する。

 

ネットの評判・興行収入予想

[スポンサーリンク]

 

これまで数々のドラマでヒットを飛ばした池井戸潤さんですが、映画化は今回が初めてとのこと。

 

WOWOWのドラマは観て面白かったです。

 

基本は逆転勝利のいわゆる『半沢直樹』パターンですから、間違いはないですよね。

 

不安要素というと、時間でしょうか。

 

10時間近くかけて描くドラマと違い映画は2時間ほどです。

 

その短い時間で落ちていく辛さ、良心の目覚め、逆転勝利までがどの程度描けるのか楽しみです。

 

 

公式サイト、スタッフ等

 

公式サイト:soratobu-movie.jp
公式ツイッター:@soratobu_movie

監督:本木克英

 

主題歌

 

 

原作

 

池井戸潤さん原作のこちら。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫) [ 池井戸潤 ]
価格:745円(税込、送料無料) (2017/7/15時点)

 

 

[スポンサーリンク]