ネタバレちゃんねる

ネタバレちゃんねる

ドラマ、映画のキャスティングや評判、視聴率、興行収入など情報いろいろ

実話を元にしたドラマ『明日の約束』ネタバレ

実話を元にしたドラマ『明日の約束』ネタバレ

2017年10月クールで放送される井上真央さん主演『明日の約束』の元になった事件の概要です。

 

あくまで「元になった事件」なので、ドラマでは変わっている部分もあると思いますが、ネタバレにもなります。

 

知りたくない方はお戻りください。

 『明日の約束』キャストなど

 

 

[スポンサーリンク]

 

 

 

 

 

 

 

事件の始まり

 

2005年12月6日。現上田市にある丸子実業に通う不登校の高一男子が久々の登校を目前に自殺した。

 

中学時代から言葉に問題のあった男子生徒は高校に入りそれをモノマネされるなどいじめを受けていた。

 

何度となく母親は学校側へ相談していたが話し合いは平行線を辿り、このままでは出席日数が足りず進級できないという状況になり、学校側が生徒にその旨通知を出した直後に生徒が自殺した。

 

生徒の母親は、バレーボール部の上級生からいじめられたことを苦にしたメモを残したと主張。そしてモノマネをいじめと認めなかった校長に怒りをぶつけ、「息子は校長に殺された!」と、校長を殺人罪で刑事告訴。

 

校長は書類送検され、その後母親は校長と長野県を相手取り1億3000万円の損害賠償を求める訴訟を起こした。

 

また、母親はバレー部の部員に対しても損害賠償を求めた。

 

 

 

学校側の主張

 

[スポンサーリンク]

 

 

人権派弁護士、県会議員、マスコミも加勢し校長の発言が大きく取り上げられて母親優勢、学校は崩壊寸前までなったが教師たちが立ち上がり事態は逆転。

 

生徒は自殺する前に何度も家出をしており、そのたびに母親は学校に捜索を依頼しては、家出を担任の責任と主張、大量のビラを作らせたり校長や教頭に謝罪を求めるなどしていた。

 

しかし、家事全般を生徒がしなくてはならないため学校に来ることが難しく、担任の面談に「学校に来たいし部活もしたい」と答えていたことも事実としてあったことから、母親の生徒に対する虐待、ネグレクトが疑われ、県教育委員会や児童相談所が母子分離措置を計画していた矢先の自殺だったことも明らかにされた。

 

さらに母親には3度の離婚歴があること、職場や所属していたママさんバレーボールチームでもトラブルが相次いでいたこと、母親の虚言癖を学校側や元夫が証言し、母親は幼少期から育児放棄をし「死ね」と罵倒し続けていたこと、母親が主張していたいじめの大半がウソであることが判明した。

 

遺書は非常に乱れた文字で書いてあり、「お母さんがねたので死にます」の「ねたので」が「やだので(「やだ」は「嫌だ」の方言)」の間違いではないかという疑問が呈され、裁判でもいじめがなかったとは言わないが、それよりも母親が起因となる部分が多いのではないかと判断され損害賠償請求は却下された。

 

母親はそれを不服として控訴したが最終的に控訴を取り下げ母親は敗訴。逆に学校や保護者から訴えられることになった。

 

なお、母親に加担した弁護士は2012年に東京弁護士会により懲戒処分されています。

 

 

モンスタマザー 長野・丸子実業「いじめ自殺事件」教師たちの闘い

 

この事件を取材しまとめたのがノンフィクション作家福田ますみさんの著書『モンスタマザー』です。

 

『モンスタマザー』にはマスコミや母親によるミスリードやマスコミ報道の恐ろしさも書かれています。

 

 

 

 

 

感想

 

12年前の事件が元になっているということで、非常に興味深いです。

 

モンスターペアレントもここまで来ると…という話ですね。

 

学校の名誉回復にもなる一方で、母親に踊らされたマスコミには耳が痛いはずで、それを敢えて放送するフジテレビ(制作は関テレですが)ってもしかしたらスゴい?

 

 

放送が楽しみです。

 

 

[スポンサーリンク]

松本潤に裏切られた同情票もある?井上真央主演『明日の約束』は高視聴率が期待できるか

松本潤に裏切られた同情票もある?井上真央主演『明日の約束』は高視聴率が期待できるか

 

概要

 

2017年10月期フジテレビ火曜21時で放送。

 

休業状態だった井上真央さんの復帰作で話題。

 

毒親に育てられた過去を持つスクールカウンセラーを演じ、モンスターペアレントと闘います。

 

2005年から2006年にかけて世間を騒がせた高校生の自殺事件がモデルとなっています。

 

[スポンサーリンク]

 

 

あらすじ

 

気にかけていた不登校の男子生徒から「ヒナタ先生のことが好きです…」と告白された翌日、その男子生徒が不可解な死を遂げてしまった。

 

そこから始まった犯人探しの過程で、陰湿ないじめや彼の母親の過干渉、彼自身の非行歴と不穏な交友関係など、彼が抱えていた「闇」が次々と明らかになる。

 

 

キャスト

 

藍沢日向(あいざわ ひなた):井上真央
過干渉な母親との関係に悩んで育った経験を背景に、高校のスクールカウンセラーとして仕事をしている。性格は前向き。

 

 

ネットの評判・視聴率予想

[スポンサーリンク]

 

もともと実力派の女優であるため期待する声が多くあがっています。

 

意外と言ってはなんですが、女性人気が割とあるようですね。

 

長く交際が報じられ、結婚も間近ではと言われた嵐の松本潤さんのスキャンダルの影響もあるのか、応援する声が多く、フジテレビのドラマとはいえ評価の高い関テレ制作なのがプラスに働いているよう。

 

NHK大河ドラマ『花燃ゆ』はコケましたが、あれも井上さんの何かが悪かったわけではなく、「幕末男子の作り方」なんていうふざけたキャッチコピーに代表されるドラマの作り方に問題があったと思います。

 『花燃ゆ』はまるで少女マンガ

 

同じ枠で関テレ制作の7月期のドラマ『僕たちがやりました』(窪田正孝主演)は評価の割に視聴率という結果がついて来ていませんが、それは原作に忠実なあまり時間の割に大人っぽい内容が多いというのもあるようです。

 

実話を元にしたドラマであることもあり、興味を引いて割と高い数字を出すのではないでしょうか。

 

 

公式サイト、スタッフ等

 

公式サイト:ktv.jp/yakusoku/
公式ツイッター:twitter.com/yakusokuktv

 

脚本:古家和尚(『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』、『任侠ヘルパー』他)

 

音楽:眞鍋昭大(『大貧乏』、『HOPE~期待ゼロの新入社員~』他)

 

プロデュース:河西秀幸(『嘘の戦争』『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』他)

      :山崎淳子(『デート』、『リーガルハイ』他)

 

演出:土方政人(共同テレビ)(『謎解きはディナーのあとで』、『大貧乏』他)
  :小林義則(共同テレビ)(『アンフェア』、『ギルティ 悪魔と契約した女』他)

 

制作協力:共同テレビ

 

制作著作:関西テレビ放送

 

 

主題歌

 

 

ノンフィクションをベースにしたオリジナル。※ネタバレ少々※

 

 

2005年に起きた長野県丸子実業高等学校バレー部員1年生の自殺事件の真相を追ったノンフィクション『モンスターマザー 長野・丸子実業「いじめ自殺事件」教師たちの闘い』(福田ますみ・新潮社)をベースにしたオリジナルです。

 

以下、ネタバレを含みます。

 

 

[スポンサーリンク]

 

不登校の高一男子が、久々の登校を目前に自殺した。

 

中学時代から言葉に問題のあった男子生徒は高校に入りそれをモノマネされるなどいじめを受けていた。

 

何度となく母親は学校側へ相談していたが話し合いは平行線を辿り、このままでは出席日数が足りず進級できないという状況になり、学校側が生徒にその旨通知を出した直後に生徒が自殺した。

 

 

もっと知りたい方はこちら→『明日の約束』ネタバレ

 

 

※事件を取材した本

 

 

 

背水の陣!福山雅治主演『三度目の殺人』の興行収入でコケたら本格的にヤバイ

背水の陣!福山雅治主演『三度目の殺人』の興行収入でコケたら本格的にヤバイ
[スポンサーリンク]

 

福山雅治の背水の陣

 

2017年9月9日公開予定の映画。

 

『そして父になる』になる以来の是枝裕和監督と福山雅治さんがタッグを組んでいます。

 

福山さんは結婚してから初めて連ドラで主演した月9『ラヴソング』の全話平均視聴率が8.5%と当時の月9ワースト記録を更新、その年の秋に公開された映画『SCOOP!』も大爆死し、これまで上位常連だった「恋人にしたい男性芸能人」系のランキングでも下位に転落するなど、すっかりオワコンという扱いになっていることを考えると、これはもう今回はコケるわけにはいかないでしょう。

 

なんと興行収入が約半分に!福山雅治主演「SCOOP!」が月9最低視聴率の「ラヴソング」に続く大爆死で、福山人気は完全終了

 

あらすじ

 

勝ちにこだわり担当事件を選んできたエリート弁護士・重盛(福山)が“負け戦”と覚悟し、30年前にも殺人の前科がある三隈(役所)の弁護を引き受ける。

 

三隅は犯行を認め死刑確定と見られていたが、動機が希薄なため、接見するたびに重盛のなかで確信が揺らいでいく。なぜ殺したのか、本当に三隈が殺したのか……。

 

 

キャスト

 

重盛朋章: 福山雅治

勝利にこだわるエリート弁護士。裁判に勝つには真実は不要と割り切っている。

 

三隅高司: 役所広司

社長殺しを行った犯人として逮捕された。犯行を認め死刑が確定していたが、供述がどんどん変わっていく。

 

山中咲江: 広瀬すず

被害者の娘。容疑者・三隅とは接点がある

 

山中美津江: 斉藤由貴

被害者の妻。斉藤さんいわく卑怯と残酷と愛を併せ持つ女性」

 

摂津大輔: 吉田鋼太郎

重盛と同期の弁護士。事件解明に奔走する

 

川島輝: 満島真之介

重盛と同じ事務所に所属する若手弁護士

 

服部亜紀子: 松岡依都美

重盛の弁護士事務所の事務員

 

篠原一葵: 市川実日子

検察官

 

重盛彰久: 橋爪功
重盛の父親。30年前に三隅が起こした事件の裁判長だった

 

 

「福山雅治主演」に思うこと

[スポンサーリンク]

 

すっかり評価が下がってしまった福山雅治さん。

 

ネットでは「この人そんなに演技うまくないと思う」「『そして父になる』も大概だったのに…」「またドヤ顔で出てくるのか」「役所さんとの演技力の差」等々、冷たいコメントが多く見られました。

 

 

昨年は『ラヴソング』も『SCOOP!』も、違う一面を見せたかったんでしょうかね、「俺ってだらしないオトコなの。でもカッコイイでしょ?」みたいな役をやっていましたが、これまで品行方正に、たまにちょっと下ネタくらいの人が突然そんなことをやってもまったくハマりませんでした。

 

現実に、自分の家を持たずに交際相手の女性の家を転々としているアラフィフがいたら酷いですよね(『ラヴソング』の設定)。

 

そしてそこここに散りばめられた「カッコイイ福山雅治」。実際にあまりにイケメンすぎてその場が騒然となる、なんて恥ずかしいシーンもありましたし。

 

そういう設定、演出をしたのは制作側なんでしょうけど、それを受け入れた福山さんサイドもセンスがなかったと思います。

 

そんなこんなで、福山さんは結婚自体よりも、福山さんの周辺だけ時間が過ぎていないみたいな感じがイタイと嘲笑の的になってしまったんじゃないかと。

 

福山さんではもはや客は呼べないかもしれませんが、内容が法廷サスペンスで、是枝作品、というだけでも、観に行く人はいるのではないでしょうか。

 

ただ今回は原案時点で是枝さんからオファーし、福山さんにあて書きしたそうで、一緒に仕事をしたことがあるからこそのモノがあるかもしれませんし。

 

私は予告を観て、ああ福山さんだなあとは思いましたけど、それ以上に役所さんの凄みに興味がわきました。

 

 

 

 

 

公式サイト、スタッフ等

 

公式サイト:gaga.ne.jp/sandome/

 

原案・脚本・編集・監督:是枝裕和
音楽:ルドヴィコ・エイナウディ
撮影:瀧本幹也
美術監督:種田陽平
製作:小川晋一、原田知明、依田巽
プロデューサー:松崎薫、田口聖
アソシエイトプロデューサー:大澤恵、小竹里美
制作担当:熊谷悠
助監督:森本晶一
ラインプロデューサー:大日向隼
制作プロダクション:FILM
製作:フジテレビジョン、アミューズ、ギャガ
配給:東宝、ギャガ

 

主題歌

 

原作

 

是枝監督のオリジナルです。

 

[スポンサーリンク]

主演俳優が逃げまくった末に決定!浅野忠信民放連ドラ初主演『刑事ゆがみ』

主演俳優が逃げまくった末に決定!浅野忠信民放連ドラ初主演『刑事ゆがみ』
[スポンサーリンク]

 

主演が逃げまくったと噂のフジ木曜劇場

 

2017年10月クール 木曜日22時フジテレビ

 

民放連ドラ初主演となる浅野忠信さんが演じる弓神(ゆがみ)刑事と神木隆之介さん演じる羽生刑事の“凸凹バディ”がさまざまな事件を解決する事件モノ。

 

「弓神適当」という役名がなんとも漫画っぽいですが、原作は『弁護士のくず』の井浦秀夫さんの同名漫画です。

 

フジテレビのドラマは視聴率が低くキャスティングが難しいという話もありますが、週刊文春によると、この枠は唐沢寿明さんと遠藤憲一さんにオファーを出したところ断られたんだとか。

 

浅野さんは1月クールで木村拓哉さん主演『A LIFE』にライバル役で出演し、連ドラに興味があったところだそうで、即決したと言われています。

 

 

あらすじ

 

ふだんは適当でだらしなく人と一緒に行動することを嫌う弓神刑事は、一度事件に絡むとその歪んだ性格と鋭い観察眼を大いに活用し、事件性がなさそうに見える事件の裏を探っていく。

 

一方の羽生刑事は優秀で規則を守る几帳面なタイプの若手刑事。はちゃめちゃな言動で捜査する弓神にいつも振り回されながら、時には弓神をしかり、時には鋭いツッコミを入れつつ事件の解決に挑む。

 

第一話は「電車での痴漢に端を発する事件」。身近で起こりうる犯罪がテーマ

 

 

キャスト

 

弓神適当(ゆがみ ゆきまさ):浅野忠信

適当で歪んだだらしない性格。軽いフラットな雰囲気で、人々の話を引き出し、そこに潜むわずかな“ゆがみ”を見逃さない。

 

羽生虎夫(はにゅう とらお):神木隆之介

面目で正義感にあふれていますが腹黒ムッツリな新米刑事

 

ネットの評判・視聴率予想

[スポンサーリンク]

 

 

ネットでは、正直浅野忠信さんの印象はあまり良くないよう。

 

CHARAさんと結婚し露出が少なくミステリアスだったころは人気もありましたが、不倫し離婚し仲里依紗さんを始め若い子との熱愛があまりに奔放だったあたりから好感度が下がってますしね。

 仲里依紗と浅野忠信フライデー舞台裏

 

俳優の好感度は低いものの、役には合っているのでは。

 

 

 

フジテレビの木曜22時というと、現在は真木よう子さんの『セシルのもくろみ』が放送中です。

 

視聴率は3%台を記録し、これは歴代最低記録も更新かと違う意味での期待の目が注がれています。

 

この枠は、桐谷美玲さん主演『人は見た目が100パーセント』6.4%、香里奈さん主演『嫌われる勇気』6.5%、天海祐希さん主演『Chef~三ツ星の給食~』7.0%、松嶋菜々子さん主演『営業部長吉良奈津子』7.0%…と、遡ると2015年1月に放送された真木よう子さん主演『問題のあるレストラン』で9.3%を記録してからずっと一桁続きです。

 

上戸彩さん主演で13.9%を記録した『昼顔』も同じ枠なんですけど、すっかり視聴者が離れてしまった感はあります。

 

それを取り戻すには、ちょっと弱いかも。

 

しかも、脚本が『ラヴソング』『突然ですが、明日結婚します』と同じ方ですから…

 

ただツイッターを見ると現場は楽しそうではあります。

 

 

公式サイト、スタッフ等

 

公式サイト:fujitv.co.jp/yugami

公式ツイッター:

https://twitter.com/keiji_yugami/status/901330798221025280

 

脚本:倉光泰子(『ラヴソング』『突然ですが、明日結婚します』)
   大北はるか(『好きな人がいること』『テディ・ゴー!』)
   藤井清美( 映画「るろうに剣心」シリーズ、『恋愛時代』『ウツボカズラの夢』)

プロデュース:藤野良太(『好きな人がいること』『恋仲』『水球ヤンキース』)
       高田雄貴(『Chef~三ツ星の給食~』『OUR HOUSE』)

演出:西谷弘(『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』『ガリレオ』『任侠ヘルパー』
   加藤裕将 (『最高の離婚』『問題のあるレストラン』『ラスト・フレンズ』)

   宮木正悟( 『水球ヤンキース』『残念な夫。』『失恋ショコラティエ』)
制作:フジテレビ

 

主題歌

 

原作は井浦秀夫さん

 

『弁護士のくず』で第52回小学館漫画賞を受賞。『弁護士のくず』は2006年に豊川悦司さん主演でTBSでドラマ化されています。

 

 

 
[スポンサーリンク]

崖っぷちの綾瀬はるか主演『奥様は、取り扱い注意』で初の主婦役!

崖っぷちの綾瀬はるか主演『奥様は、取り扱い注意』で初の主婦役!

 

概要

 

2017年10月4日、日テレ系水曜22時より放送開始

 

『キュートで明るい』と『強くてカッコイイ』をあわせ持つヒロインが幸せに見える主婦たちが抱えるさまざまなトラブルを解決し、ピンチを救うストーリー。

 

『SP』や『BORDER』『CRISIS』などを手がけてきた原案・脚本の金城一紀さんが初めて女性を主人公に描いたドラマということなので、ただのコメディではなさそう。

 

 

あらすじ

 

[スポンサーリンク]

 

伊佐山菜美は天涯孤独に生まれ育ち、スリルあふれる生活に病みつきで、愛情も知らずにタフに生きてきた。

 

そんなワケアリ人生をやり直し穏やかな幸せを手に入れるべく、合コンで出会ったダンナと結婚し人も羨むちょっとセレブな専業主婦となった菜美が、友情を育んだ主婦たちの悩みを解決する。

 

 

綾瀬はるかの夫役は西島秀俊

 

伊佐山菜美(いさやま なみ):綾瀬はるか
料理や掃除はド下手だが曲がったことが大嫌い、悪い奴らは放っておけない正義感が超強く、怒らせたら超凶暴な主婦

 

大原優里(おおはら ゆうり):広末涼子
知識豊富でグイグイ菜美たちをひっぱる

 

佐藤京子(さとう きょうこ):本田翼
おっとりしているが好奇心旺盛

 

佐藤渉(さとう わたる):中尾明慶

 

佐藤良枝(さとう よしえ):銀粉蝶

 

大原啓輔(おおはら けいすけ):石黒賢

 

伊佐山勇輝(いさやま ゆうき):西島秀俊

IT企業経営者。菜美が人生初の合コンで一目惚れした

 

 

ネットの評判・視聴率予想

 

[スポンサーリンク]

 

純粋に楽しみという声が多く見られます。

 

コメディもシリアスもアクションもこなす芸達者な綾瀬はるかさん主演ということで、今回の役もきちんと仕上げて来るのだろうという期待の声がおおいんでしょうね。

 

「夫役が誰かにもよる」というコメントがありましたが、ビジネスジャーナルが唐沢寿明さんや香川照之さん、藤原竜也さんの名前があがっていると報じており、最終的には西島秀俊さんでした。

 

共演には、広末涼子さん、本田翼さん、近藤春菜さん、ブルゾンちえみさんらの名前も出ているとのこと。

 

綾瀬さんは『きょうは会社休みます。』以降、いまいちパッとせず、NHKの『精霊の守り人』は爆死、映画も…でしたので、ある意味勝負のドラマになると思いますが、『逃げ恥』以来注目の日テレ水曜10時ですし、良い数字になるかもしれません。

 

 

公式サイト、スタッフ等

 

公式サイト:ntv.co.jp/okusama/
公式ツイッター:

演出:猪股隆一ほか
プロデューサー:枝見洋子、松本明子
チーフプロデューサー:福士睦

 

主題歌

 

 

原作

 

金城一紀氏が原案・脚本のオリジナルストーリー

 

[スポンサーリンク]